【お酒の飲み方で稼ごう!】飲み方一つで稼ぎが変わります!

キャバクラのお酒に関する接客術をご紹介します

さて、今回説明させていただく『お酒の飲み方』に関してですが、
飲み過ぎないように気をつける!
お酒に飲まれないようにする!
お酒に強くなる!
といった内容の話じゃなくて

『どういう飲み方をすれば男性に好かれやすいのか? 』

についてお話させていただきます!

なお未成年の女の子や飲めない女の子に関しては強制的に飲ませたりは100%ないです!

未成年の女の子は飲んでしまったら法に触れてしまいますし基本しっかりしているキャバクラは未成年にはお酒は飲ませていません!

で、お酒がめっちゃ弱い女の子に関してはキャバクラでは未成年でも問題なく働けるようになっているので無理やり飲まされたりとか飲んだりはしなくてもいいです!

むしろ最初から飲めないと言う条件で入店する方がいいです!

「お酒を飲めない」条件でマイケルと一緒に探しましょう♪

キャバ嬢にオススメの飲み方テクニック4つがあります

  • 過去の自分のお酒での失敗談を作る!
  • 次に繋げる断り方をする!
  • 同じお酒を飲みたいなで好かれよう!
  • すぐに酔っ払うアピールをしよう!

以上4つのテクニックがあるのでそれぞれ細かく見ていきましょう!

失敗談を用意しておく

これは中々いい手だと思います!

男は女の子がお酒を飲みすぎてどんな失敗をしてしまったのか間違いなく気になるからです!

また、同時にこれ以上飲んじゃうと…と予防線をがっちり引く事ができます!

話題を広げる事ができて更に予防線も張れて気も引ける!

一石鳥です!

キャバクラ求人 体験入店 お酒の飲み方

キャバクラに来るお客さんのほとんどがキャストさんを「口説く」目的で来ます『やれそうでやれない』を保ちましょう!

ガードが固すぎるキャストさんはあんまり受けがよくないのも事実なので良い感じに焦らしてあげましょう!

次に繋げる断り方をする

次に繋がる断り方をする…というのは『これ以上飲めないけど、本当はまだ飲みたいな』と言ってあげると

男ってガッツリ食いついちゃうんです

え??そんなに単純なの?って思うかもしれませんが、

男は単純です。

キャバクラ求人 体験入店 お酒の飲み方2

『これ以上飲めないけど、本当はまだ飲みたいな』

この一言で気も引けるし、ばっちり次に繋がります!

同じお酒を飲みたいアピール

これは言われるだけで男は「おっ」ってなります!

同じものを頼んでちびちび飲んでいるだけで良いんです!

キャバクラ求人 体験入店 お酒の飲み方3

アフターや同伴で居酒屋などに行ったときはぜひぜひ使ってみてください!

すぐに酔っちゃうアピール

前述の通り男は単純。です!

『私、すぐに酔っちゃうんです。。』
なんて言われた時には、「あら、可愛い」っていう風になっちゃいます!

もちろん人にもよりますが基本的に男は単純な生き物なので結構単純な事で一喜一憂します!

まとめ

ざっとまとめてしまうと基本男の本能をくすぐって自分に有利になるように展開を進めていきましょう!

キャバクラで働くからには『ありのままの自分』ではなく『仕事モードの自分』を演じてしまいましょう!

キャバクラで働く上でお酒めちゃめちゃ強かったとしても素直にありのままで『私、お酒めっちゃ強いんです~』と言ってしまうと完全に萎えてしまう男性もいます。。。。

自分を作って仕事をするように意識する事も重要になってきます!

その他接客術へ»»

アルマンドをおろそう!»»

shiftへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水商売を専門とした求人コンサルタントのアラレです♪ キャバクラ体験入店専門サイト『shift』でボーイの経験を活かした記事を書いたり、女の子に取材したりしてます♪ もちろんお店の案内もお任せください(=゚ω゚)ノ